アスタリフト比較

MENU

人気の「アスタリフト」、他製品と比較すると??

どんどん新製品が出てくるエイジングケア化粧品。だからこそ、比較して効果の高い製品だけを使用したいですね。人気の「アスタリフト」はほかの製品と比較しても効果が高いと言えるのでしょうか?

 

「アスタリフト」をほかの製品と比較すると?

「アスタリフト」はエイジングケア、美肌研究を日々行っている美容家たちにも人気のシリーズです。数多くのエイジングケアを試してきた彼女たちをも魅了する理由とは何なのでしょうか?それはすぐに実感できるうるおい感と言えます。
ある美容家さんの実験によると、アスタリフトの化粧水の使用後にはうるおいが18,4パーセント増、皮脂量は8,4パーセント減、という結果になったようです。
使用後すぐにうるおいが18、4パーセントアップするというのはかなり高数値です。それにも関わらず、余分な皮脂が残ることなくさっぱりとした使い心地が残るというのはかなり好感が持てる使用感です。

 

ほかの製品にはない「使用感」

アスタリフトをほかの製品と比較したときに、忘れてはならないのが「使用感」です。アスタリフトには独特の使用感があり、特に「アスタリフトジェリー」はほかにはないとろみ、ぷるぷるとした弾力感があります。
ゼリーのように弾力があり、専用のスパチュラですくっても数時間経つとまた平らに戻っているのが驚きです。その目に見える弾力感からも、自分の肌でエイジング効果を発揮してくれることを確信できます。
「アスタリフト美容液」もとろみがあり、肌にこっくりと馴染んでいくのが実感できます。乾燥肌の方ならば、「アスタリフトクリーム」がおすすめです。リッチでコクのある手触りがあり、指でゆっくりと肌になじませることでうるおいが浸透していくのを実感できます。

 

ほかの製品にはない「ヒト型ナノセラミド」

「アスタリフト」がほかの製品と比較しても効果が実感しやすい理由、最大の点はなんといっても独自開発のうるおい成分「ヒト型ナノセラミド」にあると言えます。「セラミド」といううるおい成分は耳慣れたものかと思います。

人間の肌の角質層のうるおいを閉じ込めるための成分で、このセラミドが不足すると乾燥肌になってしまうと言われています。そのためエイジングケア製品においてセラミドの配合は大切と言われています。
このセラミドを配合している製品は数多くあるのですが、フジフィルムが開発した「ヒト型ナノセラミド」はほかのセラミドと比較できないほど効果があるのです。その理由は、人間の持つセラミドと同じ型のセラミドを使用しているので肌に浸透するスピードが格段に速いからなのです。
そして研究そ続けることで「ヒト型ナノアシルセラミド」という新たな美容成分の開発にも成功しました。この「ヒト型ナノアシルセラミド」にはうるおいをとどめる効果があります。
「ヒト型ナノセラミド」と「ヒト型ナノアシルセラミド」が一緒にはたらくことでより美容保持機能がアップし、ほかの製品と比較してもエイジング効果が高くなったのです。

 

ほかとは違う、独自開発の「コラーゲン」

ほかのエイジングケア製品も、コラーゲン配合は一般的になっています。ですが「アスタリフト」の使用するコラーゲンは、ほかと比較してもバツグンのエイジングケア効果があるのです。
その秘密は、ヒトの肌と同じ構造の皮膚モデルを開発ぢてコラーゲンの働きを研究することにより発見された、三種のコラーゲンの異なるはたらきなのです。「アスタリフト」はうるおいを育む「ピココラーゲン」、うるおいを補う「浸透性コラーゲン」、うるおいをさらに補う「水溶性コラーゲン」の三種のコラーゲンを配合しています。
そのため、角質層のすみずみまでコラーゲンを浸透させて、そのうるおいを逃がさず一日中保つことができるのです。年齢とともに失われがちなハリを留めるには、「アスタリフト」が最適と言えます。

 

ほかと比較できない、浸透する「抗酸化成分」

エイジングケアには「抗酸化」が不可欠です。年齢とともに体を老化させるのは「酸化」だからです。からだや肌を酸化から守るためには、「抗酸化成分」を多く摂取する必要があります。
「抗酸化成分」として注目されているのは「リコピン」や「アスタキサンチン」です。これらの成分もいまや一般的ですが、「アスタキサンチン」がほかと比較して注目できるのは、これらの抗酸化作用が「ナノ化」されていることなのです。
これらの抗酸化作用がより効果的に肌に浸透するためにも、やはり成分がナノ化していることが理想的です。このように、ひとつひとつの美容成分がナノ化していることこそが「アスタリフト」のほかにはない利点と言えます。
この独自の研究開発による美容成分により、ほかの製品と比較しても選ばれ続けるエイジングケア製品となったのです。ほかと比較しても愛され続ける「アスタリフト」、ぜひあなたも実感してみませんか?